検索
  • Toshiya Kato

世界に出る子供達の第一歩 私のブリスベンでの1年半の全てをぶつけます

初めまして。私の名前は加藤寿弥と言います。

オーストラリアビザも残すところ約半年。

ここでやるべきことを模索し続け、準備してきました。

この度2019年8月から1ヶ月間、11歳から16歳を対象にひとり1週間の

『ブリスベンサッカーキャンププロジェクト』を行います。

・現地ブリスベンにあるクラブへの練習、トレーニングマッチ参加

・ネイティブコーチによる少人数サッカークリニック

・ネイティヴ講師(2年の日本留学経験のあるオーストラリア人)による英会話レッスン

・ブリスベン周辺観光

がある短期サッカー留学となっております。

このプロジェクトの狙いは、

『日本帰国後の活躍のためのサッカースキル、精神的強さを掴み取る』

ことです。本場の英語、人々、サッカー、生活、文化に触れる体験を通じて人として成長していただく内容となっております。これから海外に出て行く子供の第一歩と位置付け、成長していただく為に全力でサポートし、子供達と共に最高の時間を創って参ります。このプログラムの強みはただ、地元クラブに参加するだけでなくヨーロッパの指導者ライセンス(UEFAライセンス)を持ったコーチによる少人数レッスンがあることです。生の英語でより近いコーチとの距離感で、サッカーを楽しんで頂けますし、もちろん全レッスン私がサポートいたします。

金額に関しましては、サッカーサポート(サッカートレーニング参加費、空港送迎、練習移動、観光案内、滞在場所の確保・提供、24時間緊急サポート)で5万5千円、その他の航空代(往復約10万)、海外保険(1週間約三千円)、ETAS(約二千円)、お小遣い(食費含む)を各ご家庭でご用意していただく形になります(航空券を安くとるアドバイス可能)。

今回、経済的負担を少しでも抑えるべく、クラウドファンディングでプロジェクトを発信させていただき、応援者様から集まった資金を『ブリスベンサッカーキャンププロジェクト』への参加希望者様に寄付額を均等に還元という形をとります。海外に出るのに必ずついてくる資金面での問題。今回のプロジェクトに関しまして、皆様と共に子供達のチャレンジを応援していきたいと思います。


私の紹介をさせていただくと、FC東京深川、國學院久我山高校、学習院大学でプレーした後、現在オーストラリアブリスベンに位置するFc Grange Thistle というBPL(ブリスベンプレミアリーグ)に所属するチームで2年目を迎えております。大学サッカー終了後、サッカーエージェントを使わずに来豪し自分でチームを探し、現地のコーチにアピール、交渉、契約。そして掴んだ異国の地でのプレー。

ここで皆さんにお伝えしておきたいことがあります。

それは

決してこの国にサッカーだけをしたくてきたのではないということ。

サッカーチームからお給料をもらうためにサッカーをしていないということ。

自分の本来の目的は

『サッカーを通して現地人と繋がり、日本の子供達に海外に飛び出せる環境を作ること』

です。

オーストラリアやイギリスなどの英語圏の人々からしたら、「みんな英語を話せるのがあたり前でしょ」というスタンスで接してきます。私もこの国に来たときに圧力を感じたこともありましたし、言葉でコミュニケーション取れないことで中には距離を縮めることのできない選手さえいました。歳をとればとるほど、勉強していっても現地でのネイティブの話す速さや感情を過度に表現する国籍の違う外国人に恐怖心を少なからず抱いてしまいます。来豪してから何回「小さい頃から英語話せていればな・・」と思ったことでしょう。幼い頃から本場の英語人と触れ合う経験があり、大人になるまでに国際感覚を養っていれば、自分の将来を考えた時に、間違いなく人生の可能性は大きく広がると思います。

また、この海外経験を通して強く感じることは、サッカーには人と人の繋がりを築く力があり、言葉や国籍を超えるということ。チームメイトには約10カ国の国籍をもつプレーヤーがいます。最初を辿ると、やはり共にプレーして初めて一気にその選手との距離が縮まりますし、相手のパーソナルな部分が見えてきます。これまでの海外生活で素晴らしい出会いがあり助けてくれる外国人も多くいました。これらの多くはサッカーから生まれたものであり、サッカーは最初の海外に飛び出すための最高のツールです。

私の実体験を踏まえると、子供の頃からスポーツを通して英語圏に入り込むことが将来を考えた時に最良の方法であると思います。

そのように海外生活の中で感じ、自らが動き出し日本の子供たちの可能性が広がる活動をしようと決意しました。そのために必要だったのが今のチームと深く関わり、日本の子供達が海外の地で現地の外国人とサッカーをできる環境を構築することでした。この環境を作る為に必死になってやってきたことがあります。

それは


『サッカーで活躍するだけでなく、クラブから信頼される選手になること』

現在私が所属するのはBPL(ブリスベンプレミアリーグ)のチームでブリスベンを中心としたリーグ。ひとつ上のカテゴリーには、NPLという州リーグがあり、その上に本田圭佑選手が所属していたAリーグがあります。去年、私自身BPLリーグのファイナルで運良く活躍することができ、そこにたまたまスカウトが来ており、NPLのチームからオファーをいただきました。その決断の局面に立ったとき、やはりサッカーしている以上誰もがレベルの高いところに挑戦したいものです。しかし、私が選んだのは同じチームへの残留。この答えに至った理由は、現チームの『人の良さ』にあります。ブリスベンに来た時、日本から一人で来た英語を話せないやつなどどこのチームも受け入れてはくれませんでしたが、今所属しているfc grange thistleだけが自分に練習参加させてくれ、自分を獲得し1シーズン面倒を見てくれました。他のクラブに比べれば経済的に優位にいるチームではありませんが、クラブに関わる人々が助け合うことで成り立つこのGrangeというチーム。そんな家族のようなチームへの恩返しの気持ちを込め、そして日本の子供達とこのクラブが繋がるように、2年目もこのクラブのためにプレーすることを決断しました。そして、私が育成に携わることで日本と現地の子供達の架け橋になれると思い、ジュニア・アカデミーのコーチとして働かせてもらい、毎日子供達とサッカーを楽しみました。今では彼らの応援に行ったり、彼らが自分たちの試合を観にくるような関係を持つことができています。今回のプロジェクトが成り立つのも、あのオファーを受けた時に自分のオーストラリアに来た本来の目的(『子供たちに海外に飛び出せる環境を作る』)をぶらさずに決断し、コーチをやったことでより多くのチーム関係者とクラブの子供達と触れ合うことができたからです。

『現地で活躍する指導者と繋がること』


日本ではあまり見ることのないサッカーのマンツーマンレッスン。日本では主にチーム練習で仲間と切磋琢磨し技術を高めるものですが、オーストラリアではプレーヤーに指導者ライセンスを持った指導者がつきっきりでサッカーを教える文化があります。チーム練習より近い距離感で指導者と個人サッカーレッスンを行うことで、課題解決に対してのアプローチをコーチと一緒に考えることができますし、成長への近道となります。この日本とは違う光景を目の当たりした時、「ぜひこれを日本の子供たちにも体験してもらいたい」と思い、現地で活躍するコーチに猛烈アピールを繰り返し、日本の子供達をサポートしてほしいことを伝えてきました。今回のプロジェクトに関して、二人のコーチにサポートしていただきます。優秀な指導者歴を持ち、選手や親御さんに愛される彼らに私も加わり少人数レッスンを行うつもりです。先ほど述べました通りサッカー技術向上と共に、ネイティブコーチとじかに触れ合うことで本場の英語を学ぶこともできると思います。

このプロジェクトを立ち上げに至るまでに、たくさんの失敗をしましたし、まわりからは厳しいだろうと言われたこともありました。ただ、このように現地の人巻き込んで立ち上げられたのは、私の根底にある『日本の子供達が海外に飛び出せる環境を』という強い信念があったからです。

海外に飛び出してきて、約一年半が経ちます。

日本では経験することのない素晴らしい経験をすることが出来ましたし、かけがえのない仲間にも出会うことが出来ました。ただ、自分が経験するだけでなくその経験を下の世代に伝えて行くことが私の役割だと考えています。

今私が、最も伝えたいことは

『この自分の海外生活一年半のすべてをこのプロジェクトにぶつける』

ということです。

ブリスベンにきて来て間もない頃、チームメイトに言われた一言。

「what's wrong with Japanese English?(日本人英語どうしました?)」。

まだまだここでの日本人の価値は低いかもしれませんが、挑戦する子供達と共にこの現状を変えていければと思っております。

みなさんのプロジェクト参加を心よりお待ちしております。

加藤寿弥

46回の閲覧

0457363961

©2019 by サッカー 留学. Proudly created with Wix.com