0457363961

©2019 by サッカー 留学. Proudly created with Wix.com

 
検索
  • Toshiya Kato

soccer + α

はじめまして。加藤寿弥と言います。宜しくお願いします。

幼稚園の頃から大学までサッカーを続けてきた。幸いなことに、僕の周りには常に素晴らしい仲間や指導者がいてくれて、その人たちとの時間や経験がこれまでの”自分”というものを形成してきた。プレーだけではなく人間的にもリスペクトできる友達、困難を乗り越えるメンタルを養ってくれたコーチ、自分の心を揺さぶるような人たちとの出会いが、今を生きていく自分の礎となっている。

長い間プレーしてきたが、サッカーを単なる勝敗をつける競技であると位置付けしたことはない、自分が試合に出れればそれでよしというような自己中心的な考えに至ったこともない。サッカー選手になるためだけに技術を磨いてきたというより、むしろサッカーから得られる人間的成長に重きを置いてきた。結果を求めるチームの中で自分はどんな役割を果たすことができて、どうやってチームメイトとコミニケーションを図るかを考えたこともある。チームスポーツにはピッチ内外で貢献できる可能性が散りばめられていて、僕は技術向上とともにチームに与えるプラスの影響を探し求めてきた気がする。

これを聞いて中には、

『綺麗事言うな、シンプルにもっとサッカーの練習をすべき。』と思う人がいるかもしれない。そこに対して今まで手を抜いたことはないし、チームの戦力になれるように技術を磨いてきた。

でもこれまでの経験上、ピッチ外のところで価値を高めることで結果的にサッカーでもいい方向につながることがあった。内面の考え方が変わって、プレーが明らかに良くなる選手もいた。そして、僕の周りの活躍し続けている選手や指導者は、サッカーだけでなく、そこ以外のところで価値を証明することができ、人間としてリスペクトできる人が多い。

僕の大学のサッカー部は学生主体のチームであった。組織づくり、戦術から一から四年生が中心となって創りあげる。そのなかで新チーム立ち上げ時、キャプテンだった同期の友人は、結果を求める前にチームの『関係の質』について考えることに集中した。まずは仲間のことを知る機会を作る。今まで知ることのなかったその人の良いところやどういった思考で部活に取り組んでいるかに気付きがある。仲間のことを深く知ることができれば、こいつのためにプレーしよう、応援しようというように考え方に変化が起こり、思考の質が高まる。チーム内で選手各々の考えがうまく共有できれば、一人一人の行動やプレーも必然的に変わってくる。行動が変われば結果がついてくる可能性が高くなるであろう。つまり結果を出すためにはまずチーム内の『関係の質』を見つめ直すことが必要で、それが目標達成のための一つのツールであった。彼はその組織の成功循環モデルを吸収、チームに還元、日々実践した。部員と真摯に向き合いながら、目標達成のためにした彼の努力は、昇格したチームに大きなプラスの影響を与えた。持論ではあるがチームスポーツにおいて、その人のスポーツのスキルだけが評価されるのはもったいないと思っている。その人の技術に、ピッチ内外で周りに与える影響力を足し合わせたものが実力であり、その人の価値であると思っている。

サッカーだけをやればいい、個人が上手くなればそれでいいという考えには真っ向から否定するつもりだ。サッカーでは技術だけではない大切なことを学べるからだ。(サッカーに限った話ではない)そんなことは小学校5年生で気づいた。今、日本代表で活躍している人やJリーグでやっている選手と小さい頃にプレーする機会もあったが、その時に到底技術や才能で勝てるものではないと幼いながら感じたのを今でも覚えている。小学校の頃、こんな僕がキャプテンをやらせてもらっていた。それまでチームを引っ張っていかないといけない立場であるのにも関わらず、自分は上手いと天狗になって自己中心的なプレーを続けていた。あのとんでもなく上手い人とプレーした経験、普通にやっても敵わないと悟った経験がクソキャプテンの思考に変化をもたらした。あの上手いやつらに勝つためにはチームで闘わないと。それまでは自分のことしか考えられなかった僕が初めて和を意識し始めた瞬間だった。幼いながらもサッカーで人間として一歩成長出来たのだ。

高校時代にも試合中唸ってしまうほど上手いプレーヤーが僕の前に大勢現れた。同期だけではない、先輩、後輩にも。高校三年になるまでお先真っ暗。同期が一年から活躍してるのに、自分はメガホン持ってスタンドで応援。別に彼らに嫉妬したり、なんで自分が使われないのか不満に思ったりしたことは一切なかった。自分の実力からすると、当然の結果だったから。そんな凄いプレーヤーと同じピッチに立つことが夢で毎日練習に没頭していた。三年生になり試合で試されるようになった時、他にもいい選手がいたので、ただ技術面だけ向上させても絶対に試合に出続けられないと思っていた。当時一緒のポジションで出場していた選手たちは僕以外全員年下、しかも彼らは一年生の時からトップチームに飛び級でプレーしていたので、僕より遥かに経験豊富だった。いわば、僕からすれば彼らはベテラン。彼らから信頼を得て、連携を図ることが試合に出続けることへの近道だと思い、頻繁に意思疎通を自分から取りに行った。年上というつまらないプライドなどなく、彼らの良いところは盗みまくった(笑)学年の壁を率先して壊せたと思う。今もなおプロで活躍している選手が当時スタメンに5人いた中で、出場出来たのには技術的な部分以外の要因が大きかったと分析している。サッカーにはスキルだけではない大切なことがあると再確認できた経験だった。

僕が強く主張して言いたいのは、とにかくサッカーには多くの可能性があり、学びがあるということ。これまで述べたように、サッカーは僕らに人間的に成長できるチャンスを与えてくれる。素晴らしい仲間や指導者と出会うチャンスを与えてくれる。プレーしていれば誰もが経験する挫折、それを乗り越えるメンタル的な強さを手に入れるチャンスを与えてくれる。可能性は散りばめられているが、そのチャンスを掴むかは自分次第だと思っている。

今までこのサッカー+αのところに楽しさというか価値を見いだしてきたし、これからもそこを追求していこうと思う。いい意味でのサッカーバカになりたいものだ。


そして今。。

僕はブリスベン(オーストラリア)のクラブチームでサッカーをしていて、2年目を迎えている。外国人とスポーツで熱くなれるというのは非常に刺激的で、学ばなければならないことも多く、吸収の毎日だ。日本にいた時同様に、素晴らしい仲間にも出会い、自分が人間として成長できる環境にいる。今年からプレーヤーだけでなく、ジュニアのコーチとしてもチームに携わらせてもらっている。

ここに至るまで簡単だったとは言えない。イチから自分の力で外国人のコミニュティに入りこむと強い気持ちでこっちに来たのは良いものの、現実はそんなに甘くなかった。なかなか自分を伝えられないこともあったし、周りから馬鹿にされることもあった。(自分の努力が足りなかったのも十分承知)ただ、数少ないチャンスをものにしてサッカーを通していろんな人に繋がれることが出来た。さてこの得たものをどう活かすかが、今後の自分のテーマになりそうだ。

今回は僕が今までどんな感覚でサッカーをやってきたかを知ってもらえれば、十分です。これからなぜここに来たのか、ここで何をしていくかについて、などなど僕の活動を発信していこうかなと思っています。

加藤寿弥

25回の閲覧